お口にまつわる豆知識TIPS ABOUT ORAL CRAVITY

2021.01.10歯ぐきからの出血は要注意

歯ぐきからの出血は、昔から歯周病の危険信号と言われています。

最近の研究で、歯周病を悪化させる細菌が明らかになり、代表的には、ポルフィロモナスジンジバリスという難しい名前の細菌が明らかになってきています。(V型までタイプがあるうち、特にⅡ型が歯周病リスクが高いです。)

やっかいなことに、これら歯周病菌は歯垢(プラーク)内の一番奥に潜んでいて、うがいや簡単な清掃では除去できないために、歯周ポケットの奥まで清掃洗浄した上で、徹底的な歯磨きをする必要があります。
近年、これら歯周病菌は、血液中の鉄分を栄養源としていることがわかってきました。
そのため、歯ぐきからの出血を放置していると歯周病菌は血液をどんどん餌にしていきます。

そのため、歯ぐきからの出血を減らすことが歯周病治療には重要なのです。

歯ぐきからの出血を自覚されたら、歯科受診をおすすめします。

最近の投稿

月別アーカイブ