岸辺の松本歯科医院|吹田市の歯医者(歯周病治療・歯科治療全般)

お口にまつわる豆知識TIPS ABOUT ORAL CRAVITY

2021.05.02歯周病治療が健康を守る?

皆さんは御存じでしょうか?40歳以降で歯を失う原因は、実はむし歯でなく歯周病です。
日本人成人の約8割がかかっているといわれており、重症化するまで気付きにくいのが歯周病の特徴です。
 
歯周病は歯を失うだけの病気ではなく、糖尿病、心臓病、呼吸器疾患、早産・低体重児出産などにも、影響を及ぼす恐れがあります。
 
歯周病と糖尿病との関連については多方面から指摘が上がっています。
糖尿病が歯周病に与える影響として、糖尿病で高血糖状態が続くと細菌に対する抵抗力が低下し、感染症にかかりやすくなってしまいます。
歯周病も細菌感染を原因としているため、そのリスクは高まります。また高血糖状態では尿が出やすくなることで、口の中が乾き歯周病菌が増えやすい環境になります。
次に、歯周病が糖尿病へ与える影響として、歯周病による炎症性物質がインスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させる危険性があります。最近の研究から糖尿病の人が歯周病をしっかり治療をすると血糖コントロールの指標であるHbA1cが改善することがわかっています。
 
歯を残すことは、食べる、しゃべる、豊かな表情の維持だけでなく、全身疾患の予防にも欠かせません。
 
御自宅でのプラークコントロールだけでなく、歯科医院でのプラークコントロールも併用し、
‘歯っぴーらいふ‘な人生をおくっていただきたいです。
 
歯と口の健康アラカルト 大阪府歯科医師会より

最近の投稿

月別アーカイブ