お口にまつわる豆知識TIPS ABOUT ORAL CRAVITY

2018.08.16虫歯予防にキシリトール

よく虫歯予防にキシリトールという言葉を耳にしますが、そもそもキシリトールって、なんなんでしょう?

キシリトールは、自然界では多くの果実や野菜に含まれており、ガムやタブレットなどのお菓子の形で口にするキシリトールは、白樺などの木から作られています。

「甘さも砂糖並みにあるキシリトールは、砂糖と違って、むし歯にはならない?」

キシリトールガム通常、砂糖からは、歯を溶かす酸が作られますが、キシリトールからは酸は全くできません。
また、キシリトールの方が甘みが強いので、その甘味により唾液も出やすくなり、酸を中和することが、キシリトールがむし歯の原因にならない理由のようです。
さらに、キシリトールは、むし歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を弱める働きも持っています。
このような働きは、他の甘味料には見られない、キシリトールだけの効果です。
最近では、歯周病予防にも効果があるのではないかと言われているようです。

副作用や危険はないのでしょうか?
人体には安全と言われていますが、おなかがゆるくなるという報告があるようです。

もちろん、基本の歯磨きをきちんとすることが欠かせませんが、上手に活用して虫歯予防をしていきたいですね。

最近の投稿

月別アーカイブ